読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健がちっさー

インフルエンザにかからないための注射に受診しました。


私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射をしています。
注射がしゅうりょうした後は怖い!と伝えていました。必要以上に怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も口できませんでした。乳酸菌シロタ株から連想されるのは、ヤクルト。


昔、白血病になり、病気と闘った経験をお持ちの渡辺謙さんのCMをよく目にします。



見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドで大活躍のCMでの渡辺謙さんのおすすめをみていると、効果が高そうな気分がします。

便秘解消に役たつものといわれているのが、乳酸菌が摂取できるサプリです。お腹の調子、環境をちゃんとすることの重要性は頭に入っていても、乳酸菌飲料が嫌いだという人持たくさんいます。



連日乳酸菌を含む食品を口にするのは大変です。

乳酸菌が入ったサプリメントなら、手軽にちゃんと乳酸菌をとりいれることが出来ますから、便秘解消に繋がります、インフルエンザにかかってしまったら、何をおいても栄養をしっかりと、摂るために食事を抜いてはなりません。薬も大切だと思いますが、何より栄養を補給する事も重要です。

http://eane1oedfb9tynurqbei7p8328l.hatenablog.com/


早急にインフルエンザを治すためにも、水分と栄養は摂取しましょう。朝昼晩と食欲がわかなくても、胃に優しくて栄養満点なものをできるだけ摂るようにしてくださいね。

アトピー性皮膚炎患者の角質層はセラミドが問題がない状態のときよりも少ない状態になっていて、肌の水分を保つ力やバリア機能が落ちています。ここを補って健康な状態に戻すには、保湿がかなり大事です。そのためには、お肌の表面を保護して、水分が蒸発するのを防ぐ保湿剤を塗ることが必要なのです。



現在は毎年のように冬になればインフルエンザが大流行しています。年々予防注射をする人数も増える一方ですが、都市部では莫大な人数がかかる結果となっています。

感染経路は様々考えられますが、公共交通機関や街中、職場など、多数と接触する場所でうつっていることだと思います。もし便秘になっても、薬によって簡単に、対策はできるとは思いますが、薬にばかりに頼ってしまうのはよくないので、食生活を見直してみてください。食物繊維を多く含んでいる食事を摂るのが効果的で、不溶性と水溶性の両方の食物繊維を共に摂るのが大事です。他にも野菜、海草類をすすんで食べましょう。わたしの母は重度のアトピー患者です。
遺伝していたようで、アトピーになりました。皮膚がボロボロになってしまって、毎日保湿を欠かすことができません。


スキンケアをきちんとしないと、外出も厳しいのです。母を憎むつもりはないのですが、将来、私のコドモにも遺伝する可能性があるのではないかと思うと、恐ろしくなってしまいます。